メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「袴 男」検索結果。

袴 男の商品検索結果全5件中1~5件目

こちらの関連商品はいかがですか?

送料無料
【現役神職監修】銘々用霊璽・6寸

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

11,385

送料無料

【現役神職監修】銘々用霊璽・6寸

●商品情報 - ●サイズ 巾9×高18×奥行7(cm) ●素材 - ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです。神道において...

【ゆうパケットなら送料無料】【営業日の正午受付で当日出荷】【新生活応援】【男性用/メンズ】新成人の心構え 急な通夜/葬儀に出来る男の弔問4点セット男性用片手数珠+数珠袋兼金封ふくさ...

京都の仏具屋さん 香華堂

5,572

【ゆうパケットなら送料無料】【営業日の正午受付で当日出荷】【新生活応援】【男性用/メンズ】新成人の心構え 急な通夜/葬儀に出来る男の弔問4点セット男性用片手数珠+数珠袋兼金封ふくさ...

いざという時の備え、新社会人応援セット お葬式や法事に、宗派を問わずお使い頂ける略式片手数珠。 その中でも特に人気のある縞黒檀でお仕立てした「京都製の数珠」と、男性に人気の「数珠袋兼金封ふくさ」を葬儀用セットにいたしました。 喪服セットによくついているプラスチック玉の数珠とは違い、このセットのお品は趣味の良い高級感を感じさせる木珠を、京都でも指折りの職人が心をこめて仕上げたもの。仕事関係の参列者が多い場合には、立場と比較して喪服や持ち物のクォリティに過不足はないかどうか気になるものですが、このお数珠は他の参列者の中にあって出過ぎず、かといって決して見劣りのしない絶妙のバランスです。 数珠袋兼金封ふくさも、「香典とお数珠の入れ物がひとつで済むのでとても便利」と好評の品。葬儀には必ず必要になる「御香典袋」「葬儀用の黒ネクタイ」もセット! 新社会人となる方はもちろん、二十歳の誕生日のような節目にご購入いただくのもお勧めです。どうぞ、この機会に歴史と伝統ある京念珠をお試し下さい。 ※ご注意ください※ ゆうパケット配送のため、桐箱への変更およびギフト包装は承れません。 【名前彫りについて】 こちらの数珠には追加オプションとして+600円(税抜)で親玉に名前彫りをすることが出来ます。 名前彫りのご購入はこちら 数珠 すべてのご宗派でお使いいただけます。 縞黒檀共仕立 (主玉:13mm 親玉:18mm) 人絹頭付房(茶) ふくさ兼数珠入 サイズ:横20.5cm×縦12cm(閉じたとき) ネクタイ (剣先)幅8.5cm×全長144cm 香典袋 縦185×横110mm 大阪折/黒白 【葬儀用品 葬式用品 葬祭用品 葬儀に必要 お葬式 葬儀セット 葬祭セット 香典セット 新社会人 新成人 大人 新生活準備 ビジネスマナー 必需品 激安 特価】&nbsp...

送料無料
【現役神職監修】ひしゃく(9cm)

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

3,200

送料無料

【現役神職監修】ひしゃく(9cm)

●商品情報 - ●サイズ 直径9(cm) ●素材 ひのき ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです。神道において...

送料無料
【現役神職監修】過去帳台・4寸

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

4,041

送料無料

【現役神職監修】過去帳台・4寸

●商品情報 - ●サイズ ※過去帳は付属しておりません。 ●素材 プラスチック ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです...

お墓用ローソク立て 石製ローソク立 AKARI Lサイズ 1790/1791

西谷商店

38,000

お墓用ローソク立て 石製ローソク立 AKARI Lサイズ 1790/1791

※商品写真はLサイズすべての石種に共通で使用してますので 本商品の石種写真ではありませんのでご注意ください。 石種参考見本はページの上部に一覧で表示しています。 ※ご注文後にメーカーより取り寄せとなる「お取寄せ品」です。 ※表示価格は1対(2個)の価格で数量1で1対のご注文になります。 ※海外生産品の為、欠品となりました場合は約4週間前後の納期を お待ちいただく場合がございます事をご了承ください。 お墓用の石製墓前ローソク立です。 Lサイズは幅広く利用されているサイズで屋根付の一般的な形状です。 風防は18-8ステンレスとガラスの組み合わせで高級感があり左右で 観音開きとなる風防は扉を開けるとローソクを立てる台に把手が あり取り外しが出来ますのでローソクを台に立てて火を灯して からローソク立てに入れられるので大変便利です。 ※石製ローソク立AKARIシリーズの全種類一覧は こちら ※石製ローソク立の全種類一覧は こちら ※その他すべてのローソク立一覧のページは こちら 【オプション品・関連品ページへのリンクはこちら】 ・本品に使用しているガラス風防「彩光」の単品販売は こちら ・本品に使用出来るローソクも販売しています。商品ページは こちら サイズ台座直径130mm 笠直径140mm高さ355mm風防タイプガラス風防 (観音開き)取付方法そのまま置いて据置設置します。【石のローソク立 AKARIシリーズ】 お墓用の墓前ローソク立です。 AKARIシリーズはサイズ3種類、石種12種類からお選びいただけます。 風防は「彩光(ステンレス窓枠+耐熱ガラス)」を採用する事で高級感がありローソクを立てる部分は 取り外しが出来ますので簡単にローソクを立てる事が出来、清掃も簡単に出来ます。 ...

送料無料
【現役神職監修】木彫きつね・3寸

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

18,900

送料無料

【現役神職監修】木彫きつね・3寸

●商品情報 - ●サイズ - ●素材 - ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです。神道において「常に清らかさを保つこと...

送料無料
【現役神職監修】かがり火・3寸

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

2,200

送料無料

【現役神職監修】かがり火・3寸

●商品情報 黒塗りのしっかりとした作りのかがり火です。大きさも神棚と調和がとりやすい神具です。 ●サイズ - ●素材 - ●備考 神祭具・神饌とは 神祭具は神棚の祭祀に用いられる道具・器具を示し、神饌(しんせん)は神棚に供える供 物の事で御饌(みけ)と呼ばれることもありますす。 本来は神棚も神具に含まれますが、ここでは神棚以外の神具や神饌を説明します。 ・ 注連縄(しめなわ) :稲藁で編んだ縄に紙垂(しで)を垂らし、神棚の上部に取 り付けられます。 ・ 神鏡 : 円形の薄い鏡で、一般的には鏡を支える台と共に用いられます。 ・ 三方 : 神饌や神酒・水のお供えに用いられる木製造りの台を示します。 ・ 神器 : 神様にお供えする神酒や水や塩のための器で、白色の陶器で作られること が多い。 ※ 米・塩-平瓮、神酒-瓶子、水-水器などがこれにあたります。 ・ 榊立て :榊をお供えるための白色の陶器製花立。 ・ 灯明 : 三本の脚をつけた灯明皿または燭台にあたります。 ・ 御幣 : 神道の祭祀で用いられる幣帛の一種で、2本の紙垂を竹または木の幣串に 挟んだもの。 ・ 祖霊舎(御霊屋・神徒檀) : 神棚が神を祀りするものに対し、ご先祖の霊を祀る ための祭壇。 ・ 霊璽(れいじ):仏教における位牌に相当するもので、故人の霊の依り代となるもの とされる。 お供えする品目は、主食としてのお米を始め、お酒、お餅、海魚、川魚、野鳥、水鳥、海 菜、野菜、お菓子、お塩、お水を基本としつつ、 地元の産物が捧げられたり、お祭りの軽重によって種類・数が増減したりもします。 また地域によっては、歴史的に特別な由来のある神饌が捧げられなど、我々が長い歴史の 中で育んできた食文化が反映されているのです。 一般的に神棚では、米や塩、水、海藻、清酒、野菜、鯛、鰹節...

送料無料
【現役神職監修】吊り春日燈籠

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

37,260

送料無料

【現役神職監修】吊り春日燈籠

●商品情報 - ●サイズ - ●素材 ひのき・LED球 ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです。神道において...

【現役神職監修】御朱印帳 蛇腹 かわいい 蓮 はす 【 御朱印帳 蓮 】

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

2,160

【現役神職監修】御朱印帳 蛇腹 かわいい 蓮 はす 【 御朱印帳 蓮 】

●商品情報 ほんのりと淡く、やさしい色合いが特徴の和み系御朱印帳。 ●サイズ たて16.2×よこ11.3×厚さ1.6(cm) ●素材 - ●備考 【メール便対応のみ】 ※こちらの商品はメール便のみのお届けとなります。お届けの日時指定を受け付けできません。 御朱印帳とは 神社や寺院などで参拝者が「参拝した証」としていただく印をご朱印といい、その御朱印を集めるための専用の帳面を「ご朱印帳」といいます。 ご朱印帳の保管 ご朱印帳は神棚や仏壇に保管すると良いでしょう。 ご朱印帳が増えて神棚に納まらない場合は、収納ボックスや、本棚の一角をご朱印帳専用にしても良いかもしれません。専用の置き場所を決めて大切に保管してください。 ご朱印帳の歴史 ご朱印帳の起源は神仏習合の時代まで遡ります。当時、書写した経巻を神社に奉納し、その際に神社から納経受取という書付と判をもらっていました。 これが帳面になって、寺の本尊と参詣の年月日を記入して判をもらうようになったのが納経帳の起源とされています。 ・江戸時代 社寺の巡礼者に「参拝の証」が広く出されるようになっていった 江戸時代には、納経や奉納に限らず参拝のみであっても神職が墨書押印する例がみられる ようになったといわれています。 ・現在のような御朱印の様式は明治以降に普及していった 神社の朱印が中央に押されることが一般化しはじめたのは明治時代からといわれています。 ・鉄道の発達により参拝旅行が流行し集印が人々の楽しみとなった 大正から昭和にかけて、巡拝の歴史を背景に、旅行者も参拝の感動や旅先の思い出として 集印を楽しむようになりました。 ・現在の「御朱印」という呼称は昭和初期からである 現在のように、社寺で受ける印が御朱印と呼ばれるようになるのは比較的近年に一般化し たようです。 ・「御朱印...

送料無料
【現役神職監修】三社宮(木曽ひのき)

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

656,190

送料無料

【現役神職監修】三社宮(木曽ひのき)

●商品情報 - ●サイズ 巾118×高91×奥行70(cm) ●素材 木曽ひのき ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです...

【現役神職監修】御朱印帳 蛇腹 かわいい 紅葉 もみじ 【 御朱印帳 紅葉 】

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

2,160

【現役神職監修】御朱印帳 蛇腹 かわいい 紅葉 もみじ 【 御朱印帳 紅葉 】

●商品情報 舞い散る紅葉をデザインした、色鮮やかな御朱印帳。 ●サイズ たて16.2×よこ11.3×厚さ1.6(cm) ●素材 - ●備考 【メール便対応のみ】 ※こちらの商品はメール便のみのお届けとなります。お届けの日時指定を受け付けできません。 御朱印帳とは 神社や寺院などで参拝者が「参拝した証」としていただく印をご朱印といい、その御朱印を集めるための専用の帳面を「ご朱印帳」といいます。 ご朱印帳の保管 ご朱印帳は神棚や仏壇に保管すると良いでしょう。 ご朱印帳が増えて神棚に納まらない場合は、収納ボックスや、本棚の一角をご朱印帳専用にしても良いかもしれません。専用の置き場所を決めて大切に保管してください。 ご朱印帳の歴史 ご朱印帳の起源は神仏習合の時代まで遡ります。当時、書写した経巻を神社に奉納し、その際に神社から納経受取という書付と判をもらっていました。 これが帳面になって、寺の本尊と参詣の年月日を記入して判をもらうようになったのが納経帳の起源とされています。 ・江戸時代 社寺の巡礼者に「参拝の証」が広く出されるようになっていった 江戸時代には、納経や奉納に限らず参拝のみであっても神職が墨書押印する例がみられる ようになったといわれています。 ・現在のような御朱印の様式は明治以降に普及していった 神社の朱印が中央に押されることが一般化しはじめたのは明治時代からといわれています。 ・鉄道の発達により参拝旅行が流行し集印が人々の楽しみとなった 大正から昭和にかけて、巡拝の歴史を背景に、旅行者も参拝の感動や旅先の思い出として 集印を楽しむようになりました。 ・現在の「御朱印」という呼称は昭和初期からである 現在のように、社寺で受ける印が御朱印と呼ばれるようになるのは比較的近年に一般化し たようです。 ・「御朱印...

送料無料
【現役神職監修】木彫恵比寿大黒・3寸

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

18,900

送料無料

【現役神職監修】木彫恵比寿大黒・3寸

●商品情報 - ●サイズ - ●素材 - ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです。神道において「常に清らかさを保つこと...

送料無料
【現役神職監修】細縄(左綯・100m)

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

8,487

送料無料

【現役神職監修】細縄(左綯・100m)

●商品情報 - ●サイズ 長さ100m ●素材 - ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。 1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」 2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」 3.信仰する「崇拝神社」のお札 を重ねてお祀りしてください。 もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。 ひのきの一社宮はこちら けやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。 三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。 神座の順位は、 1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」 2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」 3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札 となります。 しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。 ※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。 ひのきの三社宮はこちら けやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は...

送料無料
【現役神職監修】春日燈籠・6寸・コード式(けやき)

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

33,849

送料無料

【現役神職監修】春日燈籠・6寸・コード式(けやき)

●商品情報 - ●サイズ 高さ(cm) ●素材 けやき ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです。神道において...

送料無料
【現役神職監修】白木鳥居・中(木曽ひのき)

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

26,400

送料無料

【現役神職監修】白木鳥居・中(木曽ひのき)

●商品情報 - ●サイズ 巾50×高40(cm) ●素材 木曽ひのき ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は、家庭や会社の繁栄と安全を祈る神聖なところです。神道において...

【現役神職監修】御朱印帳 蛇腹 かわいい 紗綾 さあや 【 御朱印帳 紗綾 】

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

2,160

【現役神職監修】御朱印帳 蛇腹 かわいい 紗綾 さあや 【 御朱印帳 紗綾 】

●商品情報 - ●サイズ たて16.2×よこ11.3×厚さ1.6(cm) ●素材 - ●備考 【メール便対応のみ】 ※こちらの商品はメール便のみのお届けとなります。お届けの日時指定を受け付けできません。 御朱印帳とは 神社や寺院などで参拝者が「参拝した証」としていただく印をご朱印といい、その御朱印を集めるための専用の帳面を「ご朱印帳」といいます。 ご朱印帳の保管 ご朱印帳は神棚や仏壇に保管すると良いでしょう。 ご朱印帳が増えて神棚に納まらない場合は、収納ボックスや、本棚の一角をご朱印帳専用にしても良いかもしれません。専用の置き場所を決めて大切に保管してください。 ご朱印帳の歴史 ご朱印帳の起源は神仏習合の時代まで遡ります。当時、書写した経巻を神社に奉納し、その際に神社から納経受取という書付と判をもらっていました。 これが帳面になって、寺の本尊と参詣の年月日を記入して判をもらうようになったのが納経帳の起源とされています。 ・江戸時代 社寺の巡礼者に「参拝の証」が広く出されるようになっていった 江戸時代には、納経や奉納に限らず参拝のみであっても神職が墨書押印する例がみられる ようになったといわれています。 ・現在のような御朱印の様式は明治以降に普及していった 神社の朱印が中央に押されることが一般化しはじめたのは明治時代からといわれています。 ・鉄道の発達により参拝旅行が流行し集印が人々の楽しみとなった 大正から昭和にかけて、巡拝の歴史を背景に、旅行者も参拝の感動や旅先の思い出として 集印を楽しむようになりました。 ・現在の「御朱印」という呼称は昭和初期からである 現在のように、社寺で受ける印が御朱印と呼ばれるようになるのは比較的近年に一般化し たようです。 ・「御朱印」は各社寺の解釈に基づくものである 御朱印には、参拝の証...

【現役神職監修】御朱印帳 蛇腹 かわいい 藤 ふじ 【 御朱印帳 藤 】

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

2,160

【現役神職監修】御朱印帳 蛇腹 かわいい 藤 ふじ 【 御朱印帳 藤 】

●商品情報 淡い藤色と紫のコントラストが美しい、趣き深い御朱印帳。 ●サイズ たて16.2×よこ11.3×厚さ1.6(cm) ●素材 - ●備考 【メール便対応のみ】 ※こちらの商品はメール便のみのお届けとなります。お届けの日時指定を受け付けできません。 御朱印帳とは 神社や寺院などで参拝者が「参拝した証」としていただく印をご朱印といい、その御朱印を集めるための専用の帳面を「ご朱印帳」といいます。 ご朱印帳の保管 ご朱印帳は神棚や仏壇に保管すると良いでしょう。 ご朱印帳が増えて神棚に納まらない場合は、収納ボックスや、本棚の一角をご朱印帳専用にしても良いかもしれません。専用の置き場所を決めて大切に保管してください。 ご朱印帳の歴史 ご朱印帳の起源は神仏習合の時代まで遡ります。当時、書写した経巻を神社に奉納し、その際に神社から納経受取という書付と判をもらっていました。 これが帳面になって、寺の本尊と参詣の年月日を記入して判をもらうようになったのが納経帳の起源とされています。 ・江戸時代 社寺の巡礼者に「参拝の証」が広く出されるようになっていった 江戸時代には、納経や奉納に限らず参拝のみであっても神職が墨書押印する例がみられる ようになったといわれています。 ・現在のような御朱印の様式は明治以降に普及していった 神社の朱印が中央に押されることが一般化しはじめたのは明治時代からといわれています。 ・鉄道の発達により参拝旅行が流行し集印が人々の楽しみとなった 大正から昭和にかけて、巡拝の歴史を背景に、旅行者も参拝の感動や旅先の思い出として 集印を楽しむようになりました。 ・現在の「御朱印」という呼称は昭和初期からである 現在のように、社寺で受ける印が御朱印と呼ばれるようになるのは比較的近年に一般化し たようです。 ・「御朱印...

送料無料
【現役神職監修】棚板・持送り式(ひのき)

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

6,804

送料無料

【現役神職監修】棚板・持送り式(ひのき)

●商品情報 小型の神棚を壁などに設置するための棚板です。 ●サイズ 巾36×高22×奥行18(cm) ●素材 ひのき ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は...

送料無料
【現役神職監修】聖22号(新けやき)

神棚・祖霊舎専門 【神祀り本舗】

517,500

送料無料

【現役神職監修】聖22号(新けやき)

●商品情報 - ●サイズ 巾66×高107×奥行44(cm)※新けやき…タモ材にけやき色を着けたもの ●素材 新けやき ●備考 神棚の選び方 一般的に神棚は「一社宮」「三社宮」とありますが、これは扉が一つのものを一社宮、扉が三つあるものを「三社宮」といいます。また、「木の種類」や「神棚の造り(デザイン)」の組み合わせによって金額は様々です。神棚をお祀りになるスペースと、予算との兼ね合いでお選びになってください。 一社宮の神棚とは 一社宮の神棚とは、扉が一つのものをいいます。御神札(ごしんさつ)は重ねてお祀りいたします。一番手前が最上位となります。1.天照大御神(あまてらすおおみかみ)のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.信仰する「崇拝神社」のお札を重ねてお祀りしてください。もし、御神札の数が増えて、神棚の中に納められない場合などは棚の上に丁寧に並べて置くようにしてください。ひのきの一社宮はこちらけやきの一社宮はこちら 三社宮の神棚とは 三社宮の神棚とは、扉が三つのものをいいます。三社の神棚の場合、神坐の順位によって祀り方が決まっています。神座の順位は、1.最上位:中央の神坐:天照大御神のお札「神宮大麻(じんぐうたいま)」2.第2位:向かって右側の神坐:氏神神社のお札「氏神様(うじがみさま)」3.第3位:向かって左側の神坐:信仰する「崇拝神社」のお札となります。しかしながら、御神札も3体のみとは限らないと思います。もし、3体以上お祀りしたい御神札がある場合は、一番左にある神座に重ねてお祀りください。※五社宮、七社宮の順位は、中央が1位。向かってすぐ右が2位、向かってすぐ左が3位、次いで右、左、右、左・・・の順番。ひのきの三社宮はこちらけやきの三社宮はこちら 神棚の位置 神棚は...

日用品・文具のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク