メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「溶接火口」検索結果。

溶接火口の商品検索結果全344件中1~60件目

あす楽
送料無料
ヤマト産業 中型溶接器 中吹 本体のみ 火口なし YTW-M

工具の三河屋

10,835

ヤマト産業 中型溶接器 中吹 本体のみ 火口なし YTW-M

ヤマト 中型溶接器 中吹 本体のみ 火口なし YTW-M ヤマト産業の酸素、アセチレンを使用して溶接する中型溶接器(中吹)YTW-Mです。 ※この商品は本体のみの商品で火口は付属していません。(火口別売) 溶接機のサイズはB型01号相当になり、火口の番手を変えることで1.2mmから6.0mmまでの板厚の溶接に使用される溶接機です。 付属のホース口は、酸素:φ8mm、アセチレン:φ9.5mmの袋ナットタイプのホース口が付属しています。 中型溶接器は、関西式の火口の取付ネジ(M8×P1.0)となります。 (各メーカー毎に火口のネジピッチは異なります) 中型溶接器(中吹)のパーツについて 酸素・アセチレン用のホース口にガスホースを取り付け、アセチレンバルブ、酸素バルブを調節して中性炎にし、溶接を行ってください。 ホース口を取り外すとOKコック(PT-1、PT-2)やNコック(P2T、P2TF、P3T、P3TF)などのワンタッチカプラを取付けることが出来ます。 溶接器毎のガスの使用量と圧力 溶接器(吹管)や火口の大きさによって作業可能な板厚、使用する酸素、アセチレンの量が変わってきます。 ヤマト 溶接器(吹管)サイズ比較 溶接器のサイズ順に 0号溶接器→小型溶接器(小吹)→中型溶接器(中吹)→大型溶接器(一吹)と大きくなります。火力も同様に大きくなります。 溶接器 関連商品 店長のおすすめポイント ヤマト産業の酸素とアセチレンを使った火炎による溶接をする際に使う中型溶接器YTW-Mです。中型溶接器は中吹とも呼ばれ火口の番手を変えることで2mmから6mmの板厚の金属まで溶接可能です。 トービンや銀ロウなどによるロウ付け またこちらの商品は中型溶接器本体のみで火口は付属していません。 火口がセットになった商品(N-YW-4:トラスコ281...

あす楽
送料無料
ヤマト産業 アセチレン用A型切断器(A切)Flash本体とA型切断火口No.3のセット品

工具の三河屋

12,870

ヤマト産業 アセチレン用A型切断器(A切)Flash本体とA型切断火口No.3のセット品

ヤマト産業 アセチレン用A型切断器(A切:N-YC-2-W)本体とA型切断火口No.3のセット品 アセチレン用大型A型切断器(A切)関西式 アセチレンと酸素を使った溶断に使用されるA型切断器本体とA型切断器用火口のNo.1,No.2,No.3のセット商品です。 切断範囲は、 No.1 1~10mm No.2 10~50mm No.3 50~100mmの厚さの鉄板を切断することが可能です。 関東式と関西式の違いは、メッキ処理を行ったほうが関東式、メッキ処理を行っていないものは関西式と機能面での違いはありません。 ※A型切断器(A切)の方が中型切断器(中切)よりも厚い鉄板を切断する際に使用されます。 A型切断器(A切)火口の取り付け方 A型切断器(A切)のガス取付け口の構造 A型切断器(A切)と中型切断器(中切)との比較 A型切断器(A切)を使用する上での注意事項 ・労働安全衛生法による「ガス溶接技能講習」を受講後、酸素・アセチレンの切断を行ってください。 ・一度逆火すると逆火しやすくなります。逆火をした際は、火口の交換をしてください。 ・使用前・使用中・使用後に継手部などのガス漏れ検査を行ってください。 ・周りに火気がないか確認をしてから、作業を行ってください。 ・逆火防止器などを必ず取り付けてご使用ください。 その他A型切断器関連商品 店長のおすすめ ポイント 酸素とアセチレンを使用した溶断(切断)に使用される切断器です。 酸素とアセチレンがあれば簡単に鉄が切断できるため、電気が通っていない場所での作業や錆びた鉄の切断などに最適です。 こちらの商品は、本体+A型切断器用火口NO.3のセット商品となっています。 一度逆火するとススが火口内に付着し、逆火しやすくなるため 安全性のため、火口は消耗品と割り切って交換をお勧めします。...

スポンサーリンク
スポンサーリンク