メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「湯桶」検索結果。

湯桶の商品検索結果全2,207件中1~60件目

小泉誠・ambai(アンバイ)/木曽産さわらの湯桶(風呂桶)

ディノス

7,020

小泉誠・ambai(アンバイ)/木曽産さわらの湯桶(風呂桶)

あっ、懐かしい。この香り。デザイナー・小泉誠と日本の職人たちの技が加わり、日本の暮らしに寄り添った道具作りをしている「ambai」シリーズの風呂桶です。ものづくりにこだわる小泉誠さんの風呂道具ふとした瞬間、遠い記憶が蘇ることがあります。ひのきの風呂椅子やさわらの湯桶。それらの感触や、匂いは、日本人にとって郷愁を誘う、懐かしい記憶。ぜひ手に取り、木の温もりや香り、作り手の思いまで感じてください。「ambai」は、『結露と冷気を抑制窓際ヒーター』をデザインした小泉誠さんが手掛けるシリーズ。国内でのものづくりにこだわり、日本の職人たちと関わりながら、使い手にとっていい塩梅(あんばい)となる道具を目指しています。「風呂椅子」と「シャンプーラック」は高級木材として知られる木曽ひのき。耐水性、耐久性が高く、滑らかでやさしい肌触り。美しい曲線は、木曽の職人がクギなど一切使わず木のしなりを活かす昔ながらの製法で仕上げました。凹凸を感じさせない繊細な作りはまさに職人技。「湯桶」は木曽地域のさわらを使用。昔からおひつや寿司桶に使われる素材で、軽く柔らかく、湯桶にもぴったり。お風呂タイムがより上質で贅沢になります。商品説明南木曽の桶職人が丹精込めて加工しています。木曾のさわら材は、檜のようにヤニを貯めています。ヤニは耐水性に優れ黒ずみを軽減してくれます。さわらの軽さも湯桶には嬉しい!です。さびにくいステンレスのタガで洋のバスルームでも違和感がありません。湯桶は、桶の中の湯を使う行為と、桶の中の湯を運ぶという行為が行われます。湯を使う大きさと、湯を持つ持ちやすい寸法を何度も検証して、形が出来上がっています。ブランドコンセプトambaiシリーズは日本のもの作りにこだわります。作り手とデザイナーが関わり、地域の特性や技を生かし、道具の性能/素材...

青森ひば湯桶

梅沢木材工芸社

3,980

青森ひば湯桶

サイズ 【約】直径22.5×11.5(cm) 素材・材質 青森ひば 製造国 日本 青森ひば 風呂いす 【小】 青森ひば 風呂いす 【大】 青森ひば 片手桶 青森ひば 石鹸台 青森ひば 湯玉 青森ひば 動物湯玉木材には赤身(芯材)と呼ばれる成熟した部分と、白太(辺材)と呼ばれる未熟な部分があります。赤身は耐水性・耐久性が高く利用価値が高いのですが、白太は成熟度が低い為、柔らかくカビが生えやすいなどの問題があります。 価格の安い湯桶は、この白太を使ったものが多いので注意が必要です。弊社では、もちろん赤身の柾目材を熟練の職人が厳選しています。 また、箍落ち(銅の輪が落ちる事を言います)を最大限防ぐ為に、材木の乾燥状態を非常に厳密に管理しています。 材木は乾燥すると収縮します。最も収縮した状態で、箍を締めると、箍落ちは防げるのですが、乾燥させ過ぎると木質を傷める事になります。弊社では熟練の職人が乾燥状態を、厳密に管理する事により、箍落ちしにくい商品作りに努めています。 桶類は昔から最終の表面加工はカンナ仕上げが当然でした。カンナ仕上げは、木材の特徴を最大限に生かし、耐水性と耐久性を高め、木製品の寿命を延ばすには欠かせない製造技法です。が、手間がかかり、技術の伝承も現在ではままならない為、ペーパーやすりによる機械仕上げされた商品が増えています。弊社では、「50年使える木製品」を念頭に物づくりを行っておりますので、桶類についてもカンナ仕上げにこだわっています。 日本三大美林のひとつ青森ひば 青森ヒバは秋田杉・木曽桧に並ぶ日本三大美林のひとつとして数えられています。秋田杉や木曽桧に比べるとご存知の方は少ないかも知れませんが、桧の分布域でない東北地方では、建築を始めとする様々な場面で青森ひばが使われてきました。...

木曽桧湯桶【風呂桶】

梅沢木材工芸社

4,680

木曽桧湯桶【風呂桶】

サイズ 【約】直径22×高さ11.3cm 素材・材質 木曽桧 製造国 日本 木曽桧 片手桶 軽量桧風呂いす 【小】 軽量桧風呂いす 【大】 桧石鹸台 桧シャンプー&石鹸台 桧 湯かき棒 桧釘無しすのこ 【小】 桧釘無しすのこ 【中】 桧釘無しすのこ 【大】木材には赤身(芯材)と呼ばれる成熟した部分と、白太(辺材)と呼ばれる未熟な部分があります。赤身は耐水性・耐久性が高く利用価値が高いのですが、白太は成熟度が低い為、柔らかくカビが生えやすいなどの問題があります。 価格の安い湯桶は、この白太を使ったものが多いので注意が必要です。弊社では、もちろん赤身の柾目材を熟練の職人が厳選しています。 また、箍落ち(銅の輪が落ちる事を言います)を最大限防ぐ為に、材木の乾燥状態を非常に厳密に管理しています。 材木は乾燥すると収縮します。最も収縮した状態で、箍を締めると、箍落ちは防げるのですが、乾燥させ過ぎると木質を傷める事になります。弊社では熟練の職人が乾燥状態を、厳密に管理する事により、箍落ちしにくい商品作りに努めています。 桶類は昔から最終の表面加工はカンナ仕上げが当然でした。カンナ仕上げは、木材の特徴を最大限に生かし、耐水性と耐久性を高め、木製品の寿命を延ばすには欠かせない製造技法です。が、手間がかかり、技術の伝承も現在ではままならない為、ペーパーやすりによる機械仕上げされた商品が増えています。弊社では、「50年使える木製品」を念頭に物づくりを行っておりますので、桶類についてもカンナ仕上げにこだわっています。 ■桧の産地別品質 一口に「ひのき」と言っても、桧には産地ごとに品質や価格が異なる事はご存知ですか? 牛肉と同様に桧にもブランドがあり、産地によって質や取引される価格が異なるんです。桧の最高級ブランドはこの木曽桧。桧の王様、別格です...

木曽さわら湯桶【風呂桶】

梅沢木材工芸社

3,580

木曽さわら湯桶【風呂桶】

サイズ 【約】直径22.5×高さ11.3cm 素材・材質 木曽さわら 製造国 日本 木曽さわら 片手桶 軽量桧風呂いす 【小】 軽量桧風呂いす 【大】 桧石鹸台 桧シャンプー&石鹸台 桧 湯かき棒 桧釘無しすのこ 【小】 桧釘無しすのこ 【中】 桧釘無しすのこ 【大】木材には赤身(芯材)と呼ばれる成熟した部分と、白太(辺材)と呼ばれる未熟な部分があります。赤身は耐水性・耐久性が高く利用価値が高いのですが、白太は成熟度が低い為、柔らかくカビが生えやすいなどの問題があります。 価格の安い湯桶は、この白太を使ったものが多いので注意が必要です。弊社では、もちろん赤身の柾目材を熟練の職人が厳選しています。 また、箍落ち(銅の輪が落ちる事を言います)を最大限防ぐ為に、材木の乾燥状態を非常に厳密に管理しています。 材木は乾燥すると収縮します。最も収縮した状態で、箍を締めると、箍落ちは防げるのですが、乾燥させ過ぎると木質を傷める事になります。弊社では熟練の職人が乾燥状態を、厳密に管理する事により、箍落ちしにくい商品作りに努めています。 桶類は昔から最終の表面加工はカンナ仕上げが当然でした。カンナ仕上げは、木材の特徴を最大限に生かし、耐水性と耐久性を高め、木製品の寿命を延ばすには欠かせない製造技法です。が、手間がかかり、技術の伝承も現在ではままならない為、ペーパーやすりによる機械仕上げされた商品が増えています。弊社では、「50年使える木製品」を念頭に物づくりを行っておりますので、桶類についてもカンナ仕上げにこだわっています。 木曽五木のひとつ さわらは、ヒノキ科の常緑針葉樹で日本全国に自生しています。弊社では、さわらの主産地である長野県木曽地方の木曽さわらを、飯台・おひつの材料として利用しています。 木曽さわらは、木曽五木のひとつ(桧...

日用品・文具のランキング

スポンサーリンク
スポンサーリンク