メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「硯」検索結果。

硯の商品検索結果全2,313件中1~60件目

送料無料
硯 ♪旧坑仔巌♪ 【☆坑仔巌☆】端渓硯出産祝命名の儀ブライダルご婚礼誕生祝就職祝当選記念座右の銘還暦古希喜寿金婚式新築祝命名短歌俳句お名前詩歌ネームインポエム命名書制作【smtb-kd】

幸せ運ぶ筆文字屋さんどんぐり大志

75,909

硯 ♪旧坑仔巌♪ 【☆坑仔巌☆】端渓硯出産祝命名の儀ブライダルご婚礼誕生祝就職祝当選記念座右の銘還暦古希喜寿金婚式新築祝命名短歌俳句お名前詩歌ネームインポエム命名書制作【smtb-kd】

☆ 硯 端渓硯 ♪希少坑仔巌♪ 約15.2× 11× 1.8cm ※当店の端渓硯は、中国の硯、印材等の優良品、貴重な品の買い付けの達人・現地派遣員の厳しい見識により、さらに希少な坑仔巌の中からの、厳選されたものですので、偽装等の心配のあるものとは無縁のものです。※現地をよく知っているので、一味ちがう商品の展開企画が可能で、大好評を戴いております。 どうぞご安心をしてくださいませ。 ☆ 心地よいスタイル・サイズの端渓硯 ※ 天然の石のため、石紋様は一面一面異なります。 実際の商品サイズは表示サイズと、多少異なる場合があります ☆ この商品は当店実店舗でも販売しております、いつも大好評の、銘硯コーナーでございます。※ 在庫数の更新は随時行っておりますが、お買い上げいただいた商品が、品切れになっている事もございます。 ※ その場合、お客様には必ず連絡をいたしますが、万が一入荷予定がない場合は、キャンセルさせていただく場合もございます事をあらかじめご了承下さい。 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆硯の王様!端渓硯 希少坑仔巌☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

送料無料
【硯】雨畑硯 3

紙・文具の専門店 ミフジ

64,800

【硯】雨畑硯 3

商品概要 【商品名】 雨畑硯 3 【寸 法】 縦153mmx横93mmx厚み24mm 【説 明】 元禄の頃から採掘されたと伝えられ、「和端渓」と珍重されてきた雨畑石。 石質は、古生層の粘板岩で緻密にして湿潤。 吸水せず、磨墨・発墨ともに素晴らしく、 和硯としては最高の品質と言われています。 石色は蒼黒・淡青・紫黒のものが最良と言われています。 山梨県南巨摩郡早川町雨畑産。文房具 書道 硯 あめはたすずり 雨畑硯 原石:雨畑真石(2011年商標登録) 山梨県南巨摩郡早川町雨畑地方で現存する唯一の「坑道」から採れる 雨畑真石(2011年商標登録)を使って彫った銘硯「雨畑硯」。 非常にめずらしい、玉泉氏以外の職人が彫った雨畑真石硯になります。 雨畑硯 3 size:153mm x 93mm x 24mm 早川町雨畑で採れた“雨畑真石"で造られた雨畑硯。 こちらの雨畑硯は硯刻士:望月玉泉氏の逸品ではなく、別の職人さんのもの。 原石も雨畑真石には間違いないとのことですが(玉泉氏談より)、 まだ商標登録がなされる以前に作硯された逸品になります。 雨 畑 真 石 ( 原 石 ) 雨畑硯の材料となる石は、「 雨畑真石 」( 商標登録第5466394 )と呼ばれています。 雨畑真石は早川支流の雨畑川上流の石層より産出し、 現在、唯一の坑道から採石され、緻密な粘板岩で粒子が細かく、 水持ちがよい硯に最適な石質と評されています。 水分の吸収が少ないため、彫った石に水を入れると普通は数時間で浸透してなくなりますが、 雨畑真石においては一晩おいてもまだ水が残っているほどです。   また雨畑真石の最大の特質は、その「 鋒鋩(ほうぼう) 」にあります。 「 鋒鋩(ほうぼう) 」とは、...

送料無料
【硯】雨畑真石 雨畑硯 783

紙・文具の専門店 ミフジ

43,200

【硯】雨畑真石 雨畑硯 783

商品 雨畑硯 783 サイズ (約)縦184 x 横95 x 厚さ39 mm ※最長幅部分のサイズになります。 作硯者 望月玉泉先生 生産地 山梨県南巨摩郡早川町雨畑 説明 山梨県南巨摩郡早川町雨畑地方で 現存する唯一の「坑道」から採れる 雨畑真石(2011年商標登録)を使って 望月玉泉先生が彫った 銘硯「雨畑硯」。 備考文房具 書道 硯 あめはたすずり 雨畑硯 原石:雨畑真石(2011年商標登録) 山梨県南巨摩郡早川町雨畑地方で現存する唯一の「坑道」から採れる 雨畑真石(2011年商標登録)を使って硯刻士:望月玉泉氏が彫った銘硯「雨畑硯」。 ミフジでは様々な逸品をご用意しております。 雨畑硯783 寸法:(約)縦184 x 横95 x 厚さ39 mm 望月玉泉氏による逸品。 ミフジでご用意してる一番小さな、手のひらサイズのもの。 雨 畑 真 石 ( 原 石 ) 雨畑硯の材料となる石は、「 雨畑真石 」( 商標登録第5466394 )と呼ばれています。 雨畑真石は早川支流の雨畑川上流の石層より産出し、 現在、唯一の坑道から採石され、緻密な粘板岩で粒子が細かく、 水持ちがよい硯に最適な石質と評されています。 水分の吸収が少ないため、彫った石に水を入れると普通は数時間で浸透してなくなりますが、 雨畑真石においては一晩おいてもまだ水が残っているほどです。 また雨畑真石の最大の特質は、その「 鋒鋩(ほうぼう) 」にあります。 「 鋒鋩(ほうぼう) 」とは、 硯面の墨を磨る墨堂の細かな粒子であり、細かいヤスリのようなものです。 それは硯の命であると言えます。 雨畑真石の「 鋒鋩(ほうぼう) 」は、 非常にきめ細かく、墨と石とを磁石のように吸いついた状態にし、 墨が細かく、そして滑らかに下ります。...

送料無料
【硯】雨端硯 1

紙・文具の専門店 ミフジ

129,600

【硯】雨端硯 1

商品概要 【商品名】 雨畑硯 337 【寸 法】 145x105x25mm 【説 明】 山梨県南巨摩郡鰍沢町の地で「雨宮家」によって作硯されたものが「雨端硯」。 その昔、ある有名な啓蒙思想家に、 「甲州之天機硯者。吾邦之端州硯也。」(天機硯はわが邦の端州硯なり。) との言葉をもらい、それ以来 雨宮家が作硯した硯に限り、端渓硯の「端」が使われ、 従来の「雨畑硯」とは区別されています。文房具 書道 硯 あまはたすずり 雨端硯 1 size:145x105x25mm 山梨県南巨摩郡鰍沢町の地で「雨宮家」によって作硯されたものが「雨端硯」。 雨宮家の硯に限り、端渓硯の「端」が使われ、従来の「雨畑硯」とは区別されています。 ミフジではすべて13代目雨宮弥兵衛:悠斎 氏の逸品になります。 雨端硯 ~ もうひとつのLEGEND ~ 現在、雨畑硯とは山梨県南巨摩郡早川町雨畑地区で採取された 商標登録済みの雨畑真石を使った硯として認識されておりますが、 その起源については諸説ございます。 元禄3年(1609年)、身延山に参詣した雨宮孫右衛門は、 富士川支流で黒々した石を拾い、その石で硯を作りました。 これが「 雨端硯 」の起源です。 これ以来300年以上にわたって山梨県鰍沢の地で製硯の技と匠を伝え続けています。 また、それぞれの代でさまざまな逸話も残されています。 江戸時代も末近く、時の将軍に採掘を願い出た 鈍斎(どんさい)こと8代目雨宮弥兵衛は、採掘した石で風字硯を作り将軍に献上、 採掘権を得た模様です。 器量の大きな人物であった鈍斎は、啓蒙思想家 中村正直に可愛がれられ、 「甲州之天機硯者。吾邦之端州硯也。」(天機硯はわが邦の端州硯なり。) との言葉をもらい、以来それにちなんで雨宮家が作硯した硯に限って、 端渓硯の「端...

スポンサーリンク
スポンサーリンク