メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「弥勒菩薩」検索結果。

弥勒菩薩の商品検索結果全124件中1~60件目

弥勒菩薩半跏思惟像『特製ガラスケース』【通販・販売】

東京書芸館

36,720

弥勒菩薩半跏思惟像『特製ガラスケース』【通販・販売】

■素材:4面ガラス、背板は金紙張り ■寸法(約):高さ65×幅44×奥行44cm ■お届けは受注から約3ヵ月後。 ■発送手数料は1点につき1,620円(税込)を申し受けます。 『弥勒菩薩半跏思惟像』本体はこちらからご注文いただけます。 「仏像」商品一覧にもどる弥勒菩薩半跏思惟像『専用ガラスケース』 一彫一彫に悠久の祈りを込め、赤松一木造りで制作された御仏。 飛鳥美術の最高傑作を再現 背面金紙張り 別売『特製ガラスケース』 本像を荘厳華麗にお飾りいただけます。 ■慈悲の御心あふれる優しい微笑み。頬に御手をあて思索に耽るお姿は、飛鳥時代から長きに渡り、人々の願いを聞き続けているかのようです。 彫刻の部・国宝第一号として歴史の教科書に掲載され、かつては切手の図柄にも採用された国宝「弥勒菩薩半跏思惟像」。 かの20世紀を代表するドイツの哲学者カール・ヤスパースも「永遠の平和の理想像を最高度に具現した芸術」として絶賛した世界の至宝が現代に蘇りました。 ■作者は世界に名を馳せる仏教彫刻界の巨匠・黄賢富氏。 「弥勒菩薩像を目にした感動を、自らの手で表現したい」という決意のもと、何度も実物を拝観。 試作を繰り返しましたが、なかなか満足のいく完成度には到りませんでした。 そこで、世界各地に伝わる弥勒像を研究。現物と同じ硬質の木材や技法を駆使するなど試行錯誤を重ね、ついに、飛鳥人の想いに迫る本作『弥勒菩薩半跏思惟像』の完成にこぎ着けたのです。 国宝仏と同じ赤松・一木造り 作者銘入り ■古来、木彫仏を大切にしてきた日本人の真髄が込められた本作。 国宝仏と同じ赤松、一木造りで仕上げられています。 一彫一彫刻む度、鑿目が残り、当時を生きた人々の息吹や信仰心までも感じさせてくれます。 ■「一木造り」とは、一本の木材から仏像の全身(主要部)を一気に彫り上げる技法...

赤松一木彫り『弥勒菩薩半跏思惟像』【仏像】【通販・販売】

東京書芸館

320,000

赤松一木彫り『弥勒菩薩半跏思惟像』【仏像】【通販・販売】

※天然木を総手彫りしているため、彫りや大きさ、木目などが一点一点、異なります。 ■素材:赤松 ■寸法(約):高さ50×幅23奥行30cm、重さ4kg ■お届けは受注から約3ヵ月後。 ■発送手数料は1点につき648円(税込)を申し受けます。 『特製ガラスケース』はこちらからご注文いただけます。 「仏像」商品一覧にもどる赤松一木彫り『弥勒菩薩半跏思惟像』 一彫一彫に悠久の祈りを込め、赤松一木造りで制作された御仏。 飛鳥美術の最高傑作を再現 背面金紙張り 別売『特製ガラスケース』 本像を荘厳華麗にお飾りいただけます。 ■慈悲の御心あふれる優しい微笑み。頬に御手をあて思索に耽るお姿は、飛鳥時代から長きに渡り、人々の願いを聞き続けているかのようです。 彫刻の部・国宝第一号として歴史の教科書に掲載され、かつては切手の図柄にも採用された国宝「弥勒菩薩半跏思惟像」。 かの20世紀を代表するドイツの哲学者カール・ヤスパースも「永遠の平和の理想像を最高度に具現した芸術」として絶賛した世界の至宝が現代に蘇りました。 ■作者は世界に名を馳せる仏教彫刻界の巨匠・黄賢富氏。 「弥勒菩薩像を目にした感動を、自らの手で表現したい」という決意のもと、何度も実物を拝観。 試作を繰り返しましたが、なかなか満足のいく完成度には到りませんでした。 そこで、世界各地に伝わる弥勒像を研究。現物と同じ硬質の木材や技法を駆使するなど試行錯誤を重ね、ついに、飛鳥人の想いに迫る本作『弥勒菩薩半跏思惟像』の完成にこぎ着けたのです。 国宝仏と同じ赤松・一木造り 作者銘入り ■古来、木彫仏を大切にしてきた日本人の真髄が込められた本作。 国宝仏と同じ赤松、一木造りで仕上げられています。 一彫一彫刻む度、鑿目が残り、当時を生きた人々の息吹や信仰心までも感じさせてくれます。 ■「一木造り」とは...

送料無料
木彫り仏像 【観音菩薩・勢至菩薩】二体セット 柘植 立4.0寸 【浄土宗】脇仏

Amazon

86,400

木彫り仏像 【観音菩薩・勢至菩薩】二体セット 柘植 立4.0寸 【浄土宗】脇仏

【観音菩薩】 観世音菩薩・観自在菩薩とも呼ばれます。 観音菩薩には、千手観音や十一面観音などさまざまな姿がありますが、人間と同じ1つ顔に2本の手という一面二臂の像が基本的で、これを『聖観音』と呼びます。阿弥陀如来の化仏(分身)のついた宝冠をかぶり、蓮華や水瓶を持つのが一般的です。「観世音」とは、世の中の人々の救いを求める声に耳を傾け、それを聞きとるという意味、また「観自在」とは自由自在に人々の声を聞いて助けるという意味です。 観音菩薩の最大の特徴は、現世利益にあります。弥勒菩薩は気の遠くなるような未来にしか現れてくれませんし、釈迦はもうこの世にはいない過去の存在です。そこで、どこにでも現れて苦しみあえぐ衆生を救ってくれるという観音菩薩の人気が一気に高まったというわけです。 【勢至菩薩】 勢至菩薩は、智慧の光ですべてを照らし、観音菩薩が慈悲の力で人々を救うのに対し、智慧の力で人々の迷いを取り除く菩薩です。「偉大な威力を獲得した者」を意味し、その巨大なエネルギー(勢力)で人々に悟りが強いところから大勢至菩薩とも呼ばれています。合掌した姿で造られるのが普通で、阿弥陀三尊像の脇侍として祀られることが多い。 慈悲と知力の菩薩。邪気を払い、進路を開き、苦難から救済、福徳・長寿を授けてくれる仏様と言われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク