メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「供物」検索結果。

供物の商品検索結果全1,593件中1~60件目

送料無料
経机 黒塗り面金箔 鳩筆返し 16号経机 金仏壇 お供え机 供物台 法事 法要 仏壇 机 仏具 経机 テーブル

仏壇・位牌のなーむくまちゃん工房

15,200

経机 黒塗り面金箔 鳩筆返し 16号経机 金仏壇 お供え机 供物台 法事 法要 仏壇 机 仏具 経机 テーブル

詳細黒塗りの最も一般的な経机です。 サイズは小さな14号〜20号まで取り揃えております。引出付きのシンプルなデザインですが、しっかりとした作りになっています。足や引き出しの前面に金箔を施し美しい経机です。花立てや香炉、ローソク立て、線香立て、おりんなどを置いてお使い下さい。 経机を使うと、正座した状態で丁度良い高さでおまいりができ、線香やローソクなどの扱いも便利で安心してお使いいただけます。 足と本体は別々です。足を差し込んでお使い下さい。 サイズ ■14号:幅43cm×奥行24cm×高さ30cm ■16号:幅49cm×奥行27cm×高さ31cm ■18号:幅54cm×奥行30cm×高さ33cm ■20号:幅61cm×奥行34cm×高さ37cm材質 木製、金箔押し仕上げ商品の特徴 黒塗りの最も一般的な経机です。 サイズは小さな14号〜20号まで取り揃えております。 引出付きのシンプルなデザインですが、しっかりとした作りになっています。 足や引き出しの前面に金箔を施し美しい経机です。 花立てや香炉、ローソク立て、線香立て、おりんなどを置いてお使い下さい。 経机を使うと、正座した状態で丁度良い高さでおまいりができ、線香やローソクなどの扱いも便利で安心してお使いいただけます。 足と本体は別々です。足を差し込んでお使い下さい。 経机と一緒に、安全とキズ防止の為に経机掛を一緒にお使いいただくとより安心です。 材質 木製、金箔押し仕上げ サイズ ■14号:幅43cm×奥行24cm×高さ30cm ■16号:幅49cm×奥行27cm×高さ31cm ■18号:幅54cm×奥行30cm×高さ33cm ■20号:幅61cm×奥行34cm×高さ37cm なーむくまちゃん工房 ▼経机掛けの同時購入はこちらから▼

東濃桧製神棚 中神明(ちゅうしんめい) 日本製 一社神棚 (神棚セット/神前用具7種セット中と造花榊付き)

Amazon

9,180

東濃桧製神棚 中神明(ちゅうしんめい) 日本製 一社神棚 (神棚セット/神前用具7種セット中と造花榊付き)

■神棚のサイズ 外寸:高さ約40×幅約36×奥行き約20cm 内寸:高さ約27×幅約11×奥行き約4cm ※収納する御神札の寸法をご確認下さい。 御神札を神棚内にお納めできない場合は、棚の上に並べていただいても構いません。 ■神前用具セット内容 ・雲 雲は、南向きか東向きの清潔で、静かで高い所、また家族が親しめる明るい場所におまつりします。障子、襖の上など人の出入りする上は避けてまいりました。押入れの上は、よいとされています。尚、お二階があって気になるお宅は、神棚の真上天井面に雲と書いた紙を貼付します。 ・神鏡 神鏡はシンボルとも言えます。神鏡を通して神様を拝むという意味と同時に、鏡と対面することにより自分の姿を映すということから清らかな心で神に向かうということにもつながります。ご神体とする時は宮の中に納めますが、一般にはお宮の正面にお飾りします。 ・八足台 神様にお供物を添えるのに欠かすことのできない神具です。八という数字は、末広で縁起も良く安定感・美観もすぐれています。 ・皿(むかって左・塩/むかって右・米) ・水玉(水) ・御神酒壷(御酒) ・榊立(榊) ■神具のサイズ 八足台:高さ5×幅24.5×奥行き7cm 神鏡:高さ11.5×幅8.5cm 鏡直径約6cm 雲:17×15cm 榊立:3.5寸(高さ10.8×幅5.9cm) 瓶子:2.5寸(8.1×5.1cm) 水玉:1.8寸(5.5×5cm) 皿:2寸(1.3×6.5cm)

送料無料
便利なお盆用品【コンパクト盆棚(精霊棚)】十三仏掛軸付:工具不要で簡単組立 送料無料【smtb-td】【RCP】

仏壇仏具の仏縁堂

24,840

便利なお盆用品【コンパクト盆棚(精霊棚)】十三仏掛軸付:工具不要で簡単組立 送料無料【smtb-td】【RCP】

■サイズ:高118cm 幅60cm 奥51cm ■セット内容:本体(組立)、十三仏掛軸、ござ、すだれ、組立説明書。 ※写真の位牌、提灯、仏膳、仏具などは別売です。 ◆工具不要。収納も便利な組立式。 設置例(飾り方)は一例です。 木製の為、トゲ、ささくれなどでケガをしないようご注意下さいませ。 ■送料無料(但し沖縄・離島は別送料かかります) ●一般的な飾り方: 位牌、お盆の供物、故人の好物などを供えます。 笹竹を柱にくくり、上部の梁に昆布、ほおづきを吊す。 花立に生花を挿します(トゲのあるものは避ける) なすの牛・きゅうりの馬を作り供えます。 しめ縄で柱と柱を四方に渡して結界を作ります。 仏具は香炉、火立て、花立てを使用します。 水の子(なすやきゅうりをサイの目にきざみ、洗った米を混ぜて、清水を満たした器に入れる)を供える。 地域によっては蓮の葉に盛りつけます。 盆棚の脇には盆提灯を灯します。 新盆の場合は新盆提灯(白提灯)にし、ござの代わりに白布を敷くとよいでしょう。 ※お盆のしきたりは宗派や地域によって異なります。上記は、あくまでも一般的なものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク