メチャ買いたい.comがお届けする、おすすめの「ドリルスタンド」検索結果。

ドリルスタンドの商品検索結果全125件中1~60件目

送料無料
スターエム ドリルスタンド (10φチャック付)

ミナト電機工業

7,600

スターエム ドリルスタンド (10φチャック付)

■スターエム ドリルスタンド No.50A あらゆる穴あけ作業を正確・精密に仕上げるドリルスタンド!垂直、角度切削など自由自在です ドリルスタンドに電気ドリルを取り付けることにより手振れを防ぎ、垂直にも望みの角度にも正確・精密に穴あけ作業が出来ます。 市販のインパクトドライバ・幅80mmまでの電気ドリルに取り付けることができます、写真の電気ドリル等は別売品です。 角度は目盛(1目盛は約5度)に合わせ、スピーディにセット可能です。 穴の深さを調節するストッパー付きです。必要に応じて固定具などでしっかり固定して下さい。 ■仕 様 型 名 No.50A 使用可能な インパクトドライバ 6.35mm(六角軸) 使用可能な電気ドリル 幅80mmまでの 6.5・10・13mmチャック付ドリル(3,000rpmまで) ベース内径 57mm 寸 法 W95×L120×H288(mm) ■各部の名称 ■使用例 ■安全上の注意 高速回転する(3,000rpm以上)電動工具及びハンマードリルは使用しないで下さい。 回転中の先端工具刃には絶対に手や顔を近づけないで下さい。 連続使用時の加熱防止のため、スライドホルダーの注油口から油を注して下さい。 安全のため、連続使用は3分以内でお願いします。

PEGAZOU(ペガ蔵) バイメタル 大型 穴あけ ホールソー ドリル ビット 120mm

Amazon

1,630

PEGAZOU(ペガ蔵) バイメタル 大型 穴あけ ホールソー ドリル ビット 120mm

金属、木材、塩ビ、プラスチック、アクリルなど穴あけに使えるホルソーです。 センタードリルスプリング付きでお手持ちの電動ドリルなどにカンタンに取り付けできて作業が捗ります。 金属材切削時は切油利用、切削は低速回転スタートで安全第一でお願いいたします。 【ホールソーの特徴】 ホールソーとはドリルやドリルドライバーなどにとりつけて、木材などに穴をあける切削ビットです。 配管工事、電気工事、穴あけ作業と様々な用途で使用されます。 精度が必要な場合は、ボール盤やドリルスタンドを利用して穴をあけます。 ズレ防止や割れやすい素材には、予め下穴をあけておきます。 穴あけ深さ能力以上の厚みがある板に穴をあけると、刃が破損したり、手をとられる場合があります。 【注意点】 金属の切削加工時に回転数が速すぎると、材料をすくう前に刃が滑ってしまい刃が摩耗するだけになります。 この状態を続けていると作業効率が落ち、刃の消耗も激しくなり、すぐに切断できなくなります。 摩擦抑制と冷却効果のために、大きな穴を開ける場合は、回転速度を落として切削油を塗布しながら切断しましょう。 回転数を遅くすると作業効率や刃の耐久性だけでなく、安全性もあがります。

HSS ヒンジ 蝶番 取り付け センター出し用 ドリルビット 木工ホールソー 皿ネジ 皿取り 下穴用 ガイド

Amazon

1,699

HSS ヒンジ 蝶番 取り付け センター出し用 ドリルビット 木工ホールソー 皿ネジ 皿取り 下穴用 ガイド

木材の穴開けなら、やっぱりこの皿取りドリルが一番です。建具の蝶番の取り付けのほかに埋木錐/埋め込み穴の木栓(木ダボ)作りにも役に立てます。 この高精度の皿取りドリルであなたの作業効率をアップしましょう。 【商品仕樣】 素材:HSS+真鍮 サイズ:1/4+5mm 重さ:60g+55g 入数:2本 【パッケージ内容】: 1/4ホールソー*1 5mmホールソー*1 【ビスの皿取・埋め込みの下穴あけ】 ドリル刃が内臓、蝶番などの穴にガイドを垂直に押し当ててスライドさせ開口します。このホールソーはビスの皿取・埋め込みの下穴あけが同時に行えます。正確なセンター出しができてビスがフィット、ネジずれを防ぎます。 【作業のスピートがアップ!】 ドリルの刃の部分は三ヶ所尖っているデザインで綺麗に木ダボ穴を開けることができます。ドリルは固定スタンドが要らずしっかり固定できます。木材やプラスチックの穴開けに最適なツールです。 1/4インチのドリル-5.5~6mmの穴開けに対応 5mmのドリル-6.8~7.3mmの穴開けに対応 【建具の蝶番、手すりの取り付けに】 建具の蝶番、ヒンジ、手すり等の取り付けに役立っていて、プロフェッショナル、日曜大工、DIY、キャビネットの補修などに大活躍しています。1/4インチや5mm-2種のサイズがあって6.35mmや5mmの穴開けができて用途によって使い分けましょう。 【使用方法】 1、ホールソーを取り付けてから、対象の素材をクランプなどの固定器具でしっかりと固定する 2、素材に目印をつけると、作業がしやすくなる。ポッチなどを使って事前に中心部を打つ 3、ホールソーを垂直にあてる目印の部分とドリルまたはインパクトドライバーの先端を合わせる。 4、穴あけ作業開始!最初はゆっくりと回転させ、徐々にスピードを上げて行く(高速回転...

スポンサーリンク
スポンサーリンク